COCO'S JAPAN株式会社ココスジャパン

メニューサイトへ

食物アレルギーへの取組み

ココスの取り組み

1.姿勢

最近、食物アレルギーでお悩みのお客様から、様々なご意見やご要望をいただく機会が増えています。ココスでは、そのようなお客様の声にお応えするため、そして、ご家族全員で安心して楽しい食事をしていただけることを願い、
・おこさま向け「低アレルゲンメニュー」の提供
・おこさまメニューを中心としたメニューの各アレルギー物質の使用状況の情報提供
の2つの取り組みを行っています。

2.取り組み内容

おこさま向け「低アレルゲンメニュー」の提供

  • 低アレルゲン四角いハンバーグプレート
  • 低アレルゲンおこさまカレー
  • 低アレルゲンおこさまクリームスパゲッティ
  • 低アレルゲン米粉パン
  • 低アレルゲンいちごアイス

アレルギー物質情報提供

アレルギー検索サイト「Ta:bel」(ターベル)の運営(パソコン版・スマートフォン版・モバイル版)
メニュー選択のご参考として頂けるよう、アレルギー検索サイト「Ta:bel」でアレルギー物質25品目の範囲で情報提供を行っております。

もっと知りたいお客様のために

お客様相談窓口では、アレルギー物質25品目・原材料情報へのお問い合わせにお答えしております。
(メニューによってはお答えできない場合がございます。予めご了承くださいませ。)

※アレルギー物質25品目とは・・・
特定原材料(※注1)7品目:卵・乳・小麦・そば・落花生・エビ・カニ

※注1 食物アレルギーを引き起こすことが明らかになった食品のうち、特に発症数が多いもの、または重篤な症状をしめすもの

特定原材料に準ずるもの(※注2)18品目:あわび・いか・いくら・オレンジ・キウイフルーツ・牛肉・くるみ・さけ・さば・ゼラチン・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉・まつたけ・もも・やまいも・りんご

※注2 特定のアレルギー体質を持つ方に、過去に一定の頻度で重篤な健康危害が見られているもの

今後の取り組み

1.アレルギー対応メニュー数の増加・リニューアル

  • より安全性の高いメニューへ
  • 店舗でのコンタミネーション(※注3)防止対策 現状では防ぎきれない店舗でのコンタミネーションを、できる限り防止できる仕組みづくり。
    ※注3 食品(お料理)を生産(調理)・提供する際に、原材料として使用していないにもかかわらず、アレルギー物質が微量混入してしまう事をいいます。
  • デザートの提供
  • コンタミネーションフリーメニューの提供

2.従業員への食物アレルギー教育

従業員教育により、食物アレルギーへの理解を深め、食物アレルギーのお客様により安心してご来店していただけるレストランへ